外壁塗装や屋根塗装はお住まいを保護するために行うものです。
防水機能を回復させ、お住まいの美観を向上させることが主な目的で行われます。

現在の外壁塗装や屋根塗装はそういった目的に加え、いろいろとオトクな機能が盛り込まれています。
その機能を知ったら、お住まいの塗り替えに興味がない人でも屋根塗装や外壁塗装をしたくなってしまうのではないでしょうか。

遮熱や断熱で光熱費削減&二酸化炭素削減

お住まいを塗り替えるだけで、暑い夏の室温を低下させたり、寒い冬の暖房効率をアップさせることができることをご存知ですか?
遮熱塗料は夏の暑さを緩和してくれます。塗るだけで室温を最大で3度低下してくれるのです。
断熱塗料は夏の熱気を遮断し、冬はお部屋の暖かさが外に出て行くことを防ぎます。
光熱費を削減できるだけでなく、環境にも優しいのです。

低汚染塗料でキレイが長続き

これまでの塗料は塗り替えた直後はキレイなものの。数年もすれば以前のように汚れやすくなってしまうものがほとんどでした。
現在ではナノテクノロジーや光触媒技術を応用した塗料が登場し、汚れが降雨によって洗い流されるようになりました。これまでの塗料よりも綺麗な期間が圧倒的に長くなったのです。

お住まいの塗り替えをするのなら、このような塗料を使ってみたいですよね。
塗料は化学の塊です。技術に合わせてどんどん進化したものが出てきますから、新商品にも注目してみてください。

低汚染塗料のおすすめはナノコンポジット

上記で説明した機能を兼ねそろえた塗料でおすすめしたいのが水谷ペイントから発売されているナノコンポジットWになります。 ナノコンポジットの特徴として、従来の樹脂よりも遥かに小さいナノコンポジットエマルション樹脂を使用しています。セルフクリーニング機能により汚れを雨で洗い流す機能はもちろん、紫外線による塗膜の色あせを防ぎ長期間お住まいの美観を維持することができます。
一般的な塗料と比べて少々コストはかかりますが、そのコストに見合った機能を実感できるかと思います。お住まいのメンテナンスサイクルに合わせて塗料を選びたいですね。