外壁塗装の塗り替えに適した時期はなかなか知られていません。
塗装業者は一年中営業していますが家にとって最適な時期というものがあります。

要素としては「気温」と「湿度」です。
絶対にやってはいけないときは以下の時です。



・「気温」・・・5℃以下の時

・「湿度」・・・80%以上の時

上記の条件でで塗装すると塗料の伸びが悪くなり吸着率が低下します。
この事により後々塗料が剥がれたり塗装の寿命を短くしてしまう原因になります。

少し前までは「春」や「秋」がいいと言われていましたが塗料の世界も日進月歩でその性能は日々進化をつづけています。
現実には真冬の寒い日だけを避けてもらえれば一年を通して外壁塗装が出来ます。

最近になり雨の日でも外壁塗装をできる「アレスダイナミックフィラー」という
下塗り用の塗料が関西ペイントより発売され、これにより雨の日でも塗装ができる
ようになりましたが、塗装後、塗装面が塗れてはいけないので、雨の中での塗装は不可になります。
塗れた状態での塗装は乾燥に時間が掛かってしまいますが、普通の塗料では湿度が85%を超えれば
施工ができなくなってしまうので、そのことを考えるととても魅力的な塗料ですよね