そもそもどの時期に外壁塗装を行えばよいかという判断基準はとても難しいのです。
なぜなら、一軒一軒の住宅は外壁材の材料や建築時期も異なれば立地環境や自然災害をどれだけ受けているかによって家のコンディションは大きく変わるからです。

まず、住宅を人間だと考えてみましょう。
私たちは冬場の寒い日には厚着をしてコートにくるまりマフラーもします。
夏の暑い日は帽子をかぶり紫外線対策に日焼け止めを塗りサングラスをかけます。
雨の日には傘をさし長靴を履きます。

ところが住宅の場合はどうでしょうか?
一年間全く同じ服を着たまま夏の日照りや冬の北風、台風や砂ぼこりに晒され一日中外に立っているのと同じ事なのです。
これではたまったものではありませんよね。

そんな状態の屋根や外壁に塗装してあげる事によって紫外線劣化を防いだり雨の侵入を防いだり塗料で補強する事により丈夫で長持ちさせてあげましょうという事です。
一般的には建てて10年等と言われていますが前述したように家によって異なります。
但し大切なポイントとしては、屋根や外壁の状態があまりひどくならないうちにメンテナンスをしてあげる事でしょう。

最近の傾向としては光触媒を使った汚れに強い塗料や、夏場の太陽熱を遮断してくれる遮熱塗料など素晴らしいものが出てきています。
まずは、ご自宅の状態と環境に合わせて最善の塗装をする事が一番の長持ちの秘訣だという事を理解してください。

  

お住まいのメンテナンスは千葉外壁塗装工房へお任せください。